ブログの書き方

読まれるブログの書き方、4つのコツまとめてみた

こんにちは、みゆです!

読まれるブログってどんなブログ?!って悩んでいませんか?

読まれるブログの書き方、4つのコツをまとめてみたのでご紹介します(*´꒳`*)

 

見やすさを重視する

ブログの書き方のコツ1つめは、見やすさを重視することです。ブログの見やすさをチェックするポイントを全部で7つ、ご紹介します。

  • 見出し
  • 箇条書き
  • 改行
  • 行間
  • 文字の大きさ
  • 文字の色
  • 写真・イラスト

 

文字ばかりがつまっている文章は、読み手に読みづらさを与えます。見出しや箇条書き、段落によって改行・行間をあけるなど、ストレスなく読める工夫をしましょう。

写真やイラストが入ると、目の休憩になり、その後の文章が読みやすくなる効果があります。その他にも読み手にイメージしやすいという効果もあります。写真やイラストは積極的に使用しましょう♪

 

 

わかりやすい言葉を使う

2つめは、中学生でもわかる、わかりやすい言葉を使うことです。

 

人は、難しい言葉や知らない言葉を見ると、無意識に脳がストレスを感じます。ストレスなく読めるよう、誰が読んでもわかりやすい言葉を使いましょう!

 

特に、専門分野に特化しているブログの場合、難しい語句を使用する際は、語句をわかりやすく説明するための「注釈」を入れましょう。

 

私はブログを書くときはいつも、小学校6年生でもわかる内容か?と意識しながら書いています(*´꒳`*)

 

 

ファーストビューで伝えたいことを先に表示

3つめはファーストビュー(冒頭文)で伝えたいことを先に表示することです。

 

ブログのタイトルを見ただけで、どんな内容が読めるのか読み手が想像できると、人は続きを読みたくなります。またタイトルだけでなく、本文のファーストビュー(冒頭文)でも、先に伝えたいこと(話の結論)を表示しましょう。

 

タイトルの内容が気になってせっかくクリックしたのに、答えが見つからず過程ばかり書いてあるブログは最後まで読まれない可能性が高く、もったいないです><

 

 

経験やストーリー・感情表現を入れる

4つめはあなたの経験やストーリー、そこで感じたことをありのままの言葉で表現することです。

 

経験やストーリー、そこから湧き出てくる感情に、人は共感を呼びます!

 

読み手は共感を感じることで、単なる情報を読みにくるのではなく、あなた自身が発信することに興味を持ちます。

 

自分自身に興味を持っていただけたら、それほど嬉しいことはないですよね!リピートして読んでもらえる可能性も高くなります(*´꒳`*)

 

 

読まれるブログ、4つのポイントまとめ

 

  • 見やすさ
  • 中学生でもわかる、わかりやすい言葉
  • 伝えたいことを先に!
  • あなただけの経験・ストーリー・感情表現を

 

まずは、見やすさ・わかりやすさで読み手のストレスをなくすこと。

 

次に、伝えたいことをファーストビューで先に書き、興味をそそること。

 

そして最後に大切なのは、あなたの経験やストーリー、想いを書くことです。あなたの想いをありのままの言葉で書くことで、共感をよびファンがつきます

 

読まれるブログの4つのポイントはいかがでしたか?すべて今日からできることばかりです。是非実践して見てくださいね(*´꒳`*)

 

参考本のご紹介

ちなみに今回の記事は、私が沈黙のWebライティングという本を読み、実践したことを元に書きました(*´꒳`*)

SEOとラィティングの基本が学べるので、ご興味ある方はぜひ♪

 

 

 

このブログを書いている人

ブロガー/コンサルタントのこみゆです!

2018年からワードプレスブログを始めました!

新しいことに挑戦したい、学びが好きな女性に向けてブログを発信しています♪

ABOUT ME
みゆ
元金融OL。現ブロガー/複数Webサイト運営しています。 好きな時に好きな場所で会社や時間に縛られずに働く、自由な働き方をしています。 1986年生まれ。都内在住の32歳主婦。